■プロフィール

スポウエル健身塾

Author:スポウエル健身塾
このBlogでは、スポウエル健身塾のスタッフよりお客様へのお知らせや近況報告などを掲載いたします!
スポウエル健身塾 公式WEBサイト↓
http://www.spowell.co.jp/stm/
「スポウエル健身塾」は日本最大の認知動作型トレーニング施設です。低酸素トレーニングルームと高酸素リフレッシュルームも完備!
【スポウエル健身塾サントムーン柿田川】
〒411-0907
静岡県駿東郡清水町伏見58-27
TEL. 055-976-3033
[お問い合わせ受付時間]
10:00~21:00

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
五輪と日本とスポウエル健身塾
 こんにちはスポーツ大好き杉山です
スポーツの一大イベント、4年に一度の五輪が閉会しました
あっという間に終わってしまった感がありますが、
多くのドラマ、多くの感動がありました

 日本選手団は連日のメダルラッシュに沸きましたね
五輪日本史上最多の41個のメダルを獲得しました
日本史上初のメダル獲得種目もありました
大逆転での勝利によってメダルを獲得した試合も印象深かったです
あきらめなければ何か起きる、あきらめないことが大事だと思いました
気持ちが大事ですね
メダルは獲得できなくても、大躍進した競技も多々あり、
東京五輪へつながる大会になった様に思います

 個人的にとても感動したのが、
陸上男子4×100mリレーでの銀メダル獲得です
僕の子供のころから(何年前でしょう)日本人がスプリント種目でメダルを取ることは
無理だと言われ続けていました
海外のトップスプリンターと骨格が違うからと
ですが、北京では同じ種目で銅を獲得し、
今回はその上を行く、2位でのゴールとなりました
今回4人の力が合わさり、技術を磨くことで
世界の強豪国を抑え、見事銀メダルを獲得することができました
夢は頑張れば実現できるというメッセージをもらいました
 

 ちなみにスポウエル健身塾スプリントトレーニングマシンは、
アメリカのトップスプリンターの動きを参考に作られたマシンです
目指していたアメリカ人選手に追いつき、勝負できる時代になったんだなと
思いました

 話は変わりまして、女子トライアスロンに出場した佐藤優香選手はトレーンングに
標高2000mの酸素濃度を再現した低酸素トレーニングルーム
トレーニングしています
スポウエル健身塾では標高なんと3800mオーバー(利用状況によります)の
酸素濃度でのトレーニングが可能です
五輪参加選手のトレーニングを体験してみませんか

 スポウエル健身塾ではオリジナルのトレーニングマシンでトライアスロン
3種全ての競技力向上が可能です
話すと長くなるので簡潔にまとめさせていただくと、
ランには効率のいい走動作の習得、
バイクには引き足を上手にし、ペダルに体重を上手く乗せ、効率の良いペダリングの習得、 
スイムにつながる肩周り、股関節周りの可動域を広げる等の効果があります
低酸素トレーニングでさらにバッチリですね

ですので、
走りを速くしたい方、
泳ぎを速くしたい方、
自転車を速くしたい方も
ぜひお試しください
 
 スポウエル健身塾では他にも
多くの種目をされている方々がトレーニングに励み、
トレーニング効果を実感し、成績が向上しています
陸上、水泳、バレー、バスケ、サッカー、テニス、自転車、ゴルフ、体操、カヌーと、
様々なスポーツをされている会員様が日々トレーニングをしています

また、東京五輪で競技採用された
野球、ソフトボール、空手、スケボー、ボルダリングをされている会員様も
いらっしゃいますので、
東京五輪に期待ですね

 さて、五輪は閉会しましたが、
まだ暑い夏は終わっていません
これからパラ五輪が始まります
日本を代表する選手の活躍を期待したいですね

 
 更に次の五輪、パラ五輪は
東京開催になりますので今からとても楽しみですね
現在通われている会員様はもちろん、
スポウエル健身塾に以前通われていた方からでも、
東京五輪出場者が出たら素晴らしいですね

 スポウエル健身塾では無限の可能性を秘めた種をまいています 
いつか花を咲かせていただければと思います
不可能はない、今回の五輪で学びました
日々充実したトレーニングに励み、未来に向けて頑張りましょう

pics2563_2016082719413133a.gif
                       to
pics2648.gif


未分類 | 19:56:30 | Trackback(0)
「山の日」
こんにちは!上枝です


本日8月11日は山の日という祝日ですね


あまり聞きなれない祝日ですね本日みしま健幸塾に来店した会員様から山の日についての話題がでましたので、簡単にご紹介させていただきたいと思います


「山の日」というのは2016年から祝日としてカレンダーなどでも記載されるようになりましたが、制定されたのは2014年だったそうです2014年に制定で2016年から祝日となったのは期間をあけて、より多くの人に山の日知ってもらうという狙いやカレンダーの記載が間に合わなかったなどと言われています



山の日が祝日になったことで年間の祝日数は16日となりました


山登りや地理など山に関することが趣味という日本山岳会という日本最初の山岳クラブが2010年から「山の日という祝日を作ろう!!」という事で設立するための活動を行っていたそうです


なぜ8月11日なのか??

・ 夏の登山シーズンにあわせた
・ 海の日に若干対抗して
・ 8月だと休みが多いので社会的影響が少ない
・ 夏休み時期だと経済効果が期待できる

など色々説はあります


山の日というのは・・・
山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝するという日だそうです
30.png
登山する予定のない方は高所の酸素濃度を再現しておりますスポウエル健身塾低酸素トレーニングを是非ご利用ください

IMG_1626.jpg


未分類 | 14:59:08 | Trackback(0)
新しい取り組み
 こんにちは 健康運動指導士&ジュニアスポーツ指導員の杉山です
今年から新たな取り組みとしまして、
清水町体育館にて、清水町主催の運動教室の講師を務めさせていただいています

親子体力づくり教室 2歳児と保護者
親子体力づくり教室 3歳児と保護者
親子運動あそび教室 年中・年長と保護者
小学生体育教室 1年生~3年生  

を担当させていただき、先日前期の各教室10回が終了しました

 普段スポウエル健身塾では小学生以上の方を指導させていただいているので、
小学生以下の子どもを教えるのは初めての経験だったので、
とても良い経験になりました

 親子体力づくり教室(2歳児と保護者)では、
たくさん歩く、またぐ、登り・降り、くぐる、持つ、握る等の
生活動作に関わる動作や、
逆さまになったり、いろんな態勢になったりして、
今後の運動動作につながる動きを
保護者の方と一緒におこないました

教室始めの頃はマットの段差につまづいて転んで泣いてしまう場面も見受けられましたが、
慣れて来た頃はマットの段差は苦も無く走り抜け、もっと高い物をまたぎ、
跳び箱の上にも一人で登っていました

 今回2歳児の参加者には裸足で教室に参加していただきました
この時期は足の裏のアーチの形成に影響を受けやすく、
靴を履いて1年間生活している子と、裸足で生活していた子でアーチの作りが違ってきます
アーチの形成は走ったり運動動作しやすくなり、また衝撃緩和になるため、足のケガを防ぎやすくなったりと、
将来につながる部分なので、形成に大きく関わるこの時期に
形作って行きたい所です
また、2歳児教室では保護者の出番が多くあり、保護者の方の運動をしつつ、
一緒に身体を使いました

DSCF3834.jpg
毎回マットの上で親子で体操します
DSCF3844.jpg
お母さんの手を持つと安心
DSCF3845.jpg
登ったり、くぐったり。人生にも様々な障害が
DSCF3848.jpg
笑顔でダッシュ
DSCF3854.jpg
最後はみんなで協力してロープを掴んで走りました
  
親子体力づくり教室(3歳児と保護者)では、
大分多様な動きができるようになり、直線、ジグザグ、図形に沿って走ったり、
ジャンプ動作をしたり、保護者の方とジャンケン遊びや、
鉄棒、ロクボク上り下り、ボール遊び等を行ないました

言葉もたくさん話す様になり、他の友達が走ったりしていると
「がんばれー!」と応援している姿が印象的でした

この教室では初回にみんなと仲良くなるためにコミュニケーションを取るために行なった
ハイタッチが定番となり、毎回帰り際参加者のみんながハイタッチしに来てくれたのが
とても嬉しかったです
初めての集まりの中でハイタッチはコミュニケーションを取る手段としてとてもおススメです
大人の方でも人との壁を取り払う手段としてオススメです

DSCF3856.jpg
みんなでダッシュたくさん走りましたね
DSCF3870.jpg
当初の目標地点より上に行けました
DSCF3871.jpg
できる、できないより、挑戦することが大事です
DSCF3872.jpg
上手に渡りきることができました

 親子運動遊び教室(年中・年長と保護者)では、
毎回前半杉山が親子での体操と、各回テーマ運動を行い、
後半はエアロビクスインストラクターである加藤が音楽に合わせて皆でリズム運動を行いました♪
前半の運動では、いずれ小学生になってから行う運動種目を経験するようにしました
また、2、3歳児の教室より難度を上げた親子で行う運動を実施しました
後半のリズム運動では皆回を重ねるごとに動き・ステップが上手になっていきました
皆さんいい汗をかけました

DSCF3966.jpg
DSCF3967.jpg
後ろ向きばかりですみません
 
小学校体育教室(1~3年生)では、学校の体育種目のフォローと、
神経を使うコーディネーショントレーニングを行いました
この時期の子供は様々な運動経験を行うことが、神経系の向上につながり、
また、動作の習得もしやすい時期ですので、いろんな動き、種目を行ないました
最終日にやったことの復習を行ったところ、上手になっていることが多々あり、
やはりこの年代の子ども達は吸収力がすごいなーと、
改めて思いました

KIMG0071.jpg
みんなにおんぶをせがまれる佐野
KIMG0065.jpg
みんなに追い掛け回される佐野

 今回の教室では初めての年代ということもあり、
プレッシャーに押しつぶされそうになることもありましたが、
参加者の方々の笑顔を見ると救われました
課題、反省点もあります。後期もあるので、
改善し、より良い教室にして行きたいと思います
また、今回の経験で得たものを今後の指導に活かしていきたいです
2歳~大人の方まで幅広くご指導させていただきます

 参加者の皆様暑い中ご参加いただきありがとうございます
今後も清水町体育館教室とスポウエル健身塾
両方の指導力向上を目指しがんばります

 


未分類 | 20:09:08 | Trackback(0)

FC2Ad